EnglishJapanese

気分に合わせたシンプルメイクがお気に入り!セクシー女優・山岸 逢花のメイクへのこだわりとは

飾りすぎず、自然体なメイクでファンを魅きつけるセクシー女優・山岸 逢花さん。

セクシー女優になる前はもちろん、今も「メイクには特段のこだわりがない」と話す彼女ですが、お気に入りのメイクとコスメについて質問を投げかけてみると、彼女なりの工夫がたくさん隠されていました。

「ナチュラルで、自然体なメイクを気分に合わせて仕込むのが好き」と、山岸さん。普段のファッションもきれいめカジュアルでナチュラルな雰囲気が好きな山岸さんならではのメイクへのこだわりをお伺いしました。

文・於 ありさ 撮影・塩川 雄也

山岸 逢花さんの撮り下ろしカットを見る

テーマは「自分のテンションを上げるメイク」

――メイクにこだわりをもつようになったきっかけを教えてください。

山岸逢花(以下、山岸) 女優になってからですね。メイクって情報がありすぎて、全然追いついてなかったんですよ。自分がどんなメイクを好きなのかがわかってきたのは、ここ1年ぐらいですかね。

――ちょっと意外でした!どんなメイクが好きだとわかったんですか?

山岸 結局はシンプルでナチュラルなものが好きだなって。あと、ベースメイクはツヤ感があるものが好きですね。

――コスメ選びの基準って何ですか?

山岸 自分が毎日使うものだから、テンションが上がるかどうかを重視していますね。メイクって、言ってしまえば自己満足なところがあるじゃないですか。だから、自分に合うブランドや、好きなものを買うことで、気分を上げているんです。

デパコスが多めなのは、テンションが上がるうえに、長持ちするから。間に合わせでドラッグストアで買ったもだと、ワンシーズンで使わなくなることも多いなか、デパコスのなかにはもう何年も使っているものもたくさんあって。正直、そんなに数は多くないのですが、満足度は高いです。

――たしかに。では、メイクのテーマはありますか?

山岸 うーん。気分に合わせてメイクを変えることですかね。テレビを見ていると、同じタレントさんでも、バラエティに出ているとき、ドラマに出ているとき、授賞式のときで、メイクも雰囲気も全然違うじゃないですか。それってすごく素敵だなって思ってたことがあって。それ以来、TPOに合わせて、ファッションに合わせたメイクを楽しんでいます。

山岸 逢花のマイベストコスメ

お次は、山岸 逢花さんの「マイベストコスメ」を一つひとつ徹底的に解説していきます!

ウィークポイントは、ベースメイクでカバー

RMK クリーミィ ポリッシュト ベース N 30g・¥3,850

山岸 下地はこれが好き。トーンアップをしすぎないところが好きです。全体に薄く塗っています。

エスティーローダー ダブル ウェア フローレス ハイドレーティング プライマー 60ml・¥6,050

山岸 肌全体は乾燥気味なんですけど、Tゾーンがテカリやすいんですよ。だから、Tゾーンには先の下地にこれを混ぜて使っています。これは、ほどよいツヤ感がありつつ、一日中つけていても、ぎっとりする感じがないんです。

RMK リクイドファンデーション 30ml・¥4,950

肌の色味は自然にピンクっぽくするのが今の気分ですね。ベースは基本的に手で塗って、ファンデを使った後にビューティーブレンダーで伸ばすようにしています。濡らして使うと、定着する気がするんですよね。

イプサ スーパーマットコンシーラー  15g・¥3,080

山岸 脂をぎゅっと取って、毛穴を埋めてくれるんですよね。しかも、めっちゃサラサラになるんです。だから、気になるところを消すというより、テカリを抑えるために鼻の周りに使っています。

the SAEM CP チップコンシーラー ライトベージュ  6.5g・¥850

山岸 コンシーラーはこれです。鼻と口周り、目の下辺りに塗ります。わざとらしさがなくて、塗った途端に馴染むんですよね。テクスチャーが硬すぎると、時間とともに、しわのあるところが乾いて固まっちゃって…。これはちょうどよくてリピしてます!

コスメデコルテ フェイスパウダー 20g・¥5,500

山岸 仕上げのパウダーは二つ。このパウダーにはパールが入っているのでツヤ肌になるし、白浮きもしないからマットになりすぎず、ちょうどいいんですよね。

お休みの日は、ランコムのBBクリームを軽く塗って、気になるところにコンシーラーをのせて、パウダーをするだけで過ごしていますよ。

NARS  ライトリフレクティングセッティングパウダー プレストN 10g・¥5,500

山岸 NARSは全然色がつかなくて、サラサラになるのに粉っぽくならないんです。これはテカりを防ぐのに使ってます。

私のウィークポイントは、鼻の脂なんですよ。中学校からニキビとかもめちゃくちゃひどくて今も赤みと脂が出やすくて、一日経ったらドロドロになっちゃうんです。だから他の部分と均等になるように、コンシーラーや皮脂を抑えられる下地を鼻周りに使っています。後からお直しするというよりは、最初から脂が浮かないように仕込んでおくのがこだわりです。

アートクラス バイロダン シェーディングマスター 9.5g・¥2,090

山岸 これは濃くつきすぎず、黄味が強すぎないので自然に馴染んでくれるんですよね。これもメイクさんに聞いて買ったものです。1番薄い色を鼻筋に入れてます。あと、鼻が丸いので先の方をひし形に見せるように入れています。

ボビイ ブラウン ハイライティング パウダー 01 ピンクグロウ 8g・6,600円

山岸 これ、かわいくないですか?見た目がかわいいうえに、はじめて使ったときに感動して買っちゃったんです。私、内側から輝くのが好きなので、とってもツボです。

みずみずしく見えるように、大きめのブラシで全体にふわっと広め入れるのと、鼻の1番窪んでいるところに指で乗せています。

アイメイクはその日の気分とファッションに合わせて

SUQQU(スック) デザイニング カラー アイズ / 04 絢撫子(AYANADESHIKO) 5.6g・¥7,480

山岸 この色、めちゃくちゃよくて、全部単色使いできる万能さん!

しっとり感があるうえに、いろんな角度から見たときのツヤ感がかわいいんですよね。ピンクメイクって、今まで全然好きじゃなかったんですけど。濃すぎずしっかりと馴染んでくれて。浮かない大人ピンクの可愛さが気分を上げてくれます。

コスメデコルテ アイグロウ ジェム 6g・¥2,970

山岸 クリームタイプは発色がいいうえに、しっかりと定着してくれる。いろいろ使ったんですけど、塗って落ちないって、やっぱり最強ですよね。これを1番最初に塗った上にいつものパウダーシャドウを重ねる事もするんですけど、下地効果でパウダーの発色も強くなるので、本当に万能です。THREE のクリームアイシャドウも大好きでよく使っています。

気分でファッションを決めて、そのファッションに合わせるようにポイントメイクを決めるようにしています。何を主役にするかを考えて、シンプルな服に映える色を使うこともあれば、ナチュラルにまとめることも。

dejavu ラスティンファインE クリームペンシル ¥1,320

山岸 これのいいところは、軽く描くと薄くついてくれるし、強めに描くとしっかりつくところ。他のクリームライナーは調整が難しくて、思ったよりしっかりついちゃうものが多いなか、これはとても便利なんです。下につかないのもお気に入りポイント。

目尻は気分によって描くときと描かないときがあるのですが、描くときはリキッドを使っています。全体のバランスを見ながら、目を強くしたい時に描いています。

エテュセ アイエディション(ジェルライナー) 0.09g・¥1,320

山岸 色がかわいくて細いんですよ。目元で遊びたいときに、アイシャドウは薄くしたりして使います。お休みのときに使うことが多いですね。

ヒロインメイク ロング&カールマスカラ アドバンストフィルム 6g・¥1,320

山岸 滲まないうえに、きちんとまつ毛一本一本についてくれるのでお気に入りですね。茶色の色が分かりやすいし、目元の雰囲気がやさしくなります。

ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ 8g・¥880

ヘビーローテーション アイブロウペンシル ¥880

山岸 眉毛はもともとが濃いので、足りないところをペンシルで毛を一本ずつ描くようにしています。仕上げに眉マスカラをつけて、ふんわりさせているんです。

チークはナチュラルに、リップで遊ぶ

M.A.C グロー プレイ ブラッシュ 7.3g・¥3,850/シャネル ジュ コントゥラスト 4g・¥6,380

山岸 M.A.Cの「グロー プレイ ブラッシュ」は、スフレのような触り心地が気持ちいいんですよね。メイクさんが使ってたんですけど、塗った瞬間にサラサラになるのにしっかり色ものるので、スポンジか指でのせて濃さを調節します。色はシャドウとリップとの統一感が出るように選びます。

シャネルのこれはいつも使ってます!どんなチークのうえに使っても、きれいにツヤっと肌に馴染ませてくれるんです。

SUQQU(スック) モイスチャー リッチ リップスティック 3.7g・5,500円

山岸 リップは、結局濃いものを買いがちなんですよね。1番メイク道具の中で好きなのがリップで主役にする事が多いです。大人っぽいブラウン系が特に好きです。

リップとリップを重ねて、オリジナルの色を楽しむのがお気に入り。自分の似合う色をベースにリップを重ねて、微妙な違いを表現するのって楽しいですよ!

山岸 逢花さんの出演作品をチェックする(FANZA)