EnglishJapanese

【後編】小澤マリア流 海外事業成功の道のり「誰にだってチャンスはある」

2005年から2010年までセクシー女優の第一線を走り続け、国内外を問わず、多くのファンに支持された小澤マリアさん。

その彼女が、現在はフィリピンに拠点を移し、経営者として活躍している。まさに今はコロナ禍で厳しい状況を強いられているが、5年の間にラウンジを2店舗とサムギョプサルの店を持つまでになった。

後編では、ビジネスチャンスを掴むため、生きるための「人、お金との付き合い方」を伺った。

文:及川シズカ 写真:三浦祐介

【前編】小澤マリア流 海外事業成功の道のり「誰にだってチャンスはある」

【前編】小澤マリア流 海外事業成功の道のり「誰にだってチャンスはある」

2005年から2010年までセクシー女優の第一線を走り続け、国内外を問わず、多くのファンに支持された小澤マリアさん。

その彼女が、現在はフィリピンに拠点を移し、経営者として活躍している。まさに今はコロナ禍で厳しい状況を強いられているが、5年の間にラウンジを2店舗とサムギョプサルの店を持つまでになった。

いかにして彼女はビジネスチャンスを掴んだのか、その軌跡を追う。

小澤マリア流 人との出会い方、付き合い方

ーーフィリピンに移住して5年間、快適なフィリピンでの暮らしを手に入れるためには信用できる人間と出会うことが必要と思いますが、どのように様々な人と出会ってきたのでしょうか?

小澤マリア(以下、小澤) 私、基本はポジティブなんですけど、ネガティブなところもあって。何か新しいことを始めるときは、終わりを先に考えてしまうんです。よくホームレスになった夢を見るんですよ……。ダメになった時の自分の夢を。すごく自分を追い込むんですね。Mなのかな?(笑)  だからこそ、毎日頑張っていこう。小さいことを頑張っていたら、いつか何かに繋がる! って思っています。

ーーたった一人でフィリピンに渡る大胆さと同時に、終わりを想像する慎重もあるんですね。だからこそ、人との出会いでも成功してるのかもしれませんね。

小澤 そうですね。慎重さもあるおかげで、ヘンに浮かれることがないのかも。プライベートでも「モテ期かも?」とちょっと図に乗っても、「どーせすぐ去る、そんな波」ってなるし。誰かが好いてくれても、「きっと“小澤マリア”だからで、私自身を見てくれてはいない」って思っちゃう……。残念な性格と思う人もいるかもしれませんが、おかげで変な失敗はないです。

その分、出会った人との付き合いはめちゃくちゃ大事にしています。かつて歌舞伎町でお店をしていた頃からつながっている人もいますし、その人は今のお店にも来てくださいます。とにかく行動して、人付き合いを大切にしていけば、人脈はできると思います。

ーー行動と人付き合い、とても大事ですがなかなか実行するのは難しいですよね。小澤さんは、もともとネームバリューがあるので、近寄ってくるのは良きビジネスパーソンだけではないのではないでしょうか……?

小澤 あくまで私の考えですが、良きビジネスパーソンを見極めるポイントがあります。特に最初からビジネスの話をする人が好きですね。

「俺はこういうことをしているけど、マリアちゃんはどうなの?」とか、「ここが互いにプラスになるといいね」とか。自分の話をしつつ、私の状況も気にかけてくれる人との付き合いは大切にします。自分の話ばかりする人は、大概いい人がいないかなと思っています(笑)。

コロナ渦の現在。 裏方になりたいと考えた過去

ーーそれはわかりやすい指標ですね! 今はコロナの影響が大きいとは思いますが、フィリピンの状況はいかがでしょうか?

小澤 ラウンジは2店舗とも営業を停止しています。ラウンジの1つが、ニューワールドホテル マカティのカジノラウンジの中にあります。ホテル自体もお客さんを制限していて、カジノも当然シャットダウン。ラウンジなんてできるわけがないですね。なので来年の春までは休業する予定です。

なので昨年4月に日本へ帰国しました。帰国したときは、夏か秋ぐらいにフィリピンへ帰ろうと思っていたんですけど、フィリピンでも感染が大変なことになってしまっていて……。

発展途上国なので、や働かないと生きていけない。そして、働くために外出して感染してしまう。その繰り返しです。「外出しないとコロナに感染する前に餓死してしまう」という訴えが本当に多く出ていました。ニュースを見ていて、胸が痛くなりましたね。

ーー日本へ帰国前には人生初のボランティアをしようと動いていましたね。このような厳しい状況が続いていますが、今後の予定は決まっているのでしょうか?

小澤 ラウンジができるなら再オープンしたいです。一度、フィリピンでラウンジを実現してしまったので、やはり今後もラウンジをしたいです。あの規模・煌びやかさのお店は、物価的にもスペース的にも日本では難しいので、やはりフィリピンでオープンしたいです。

もちろん日本は好きですよ! だからこそ今は “日本だからこそできること” をやりたいですね。ずっとやっていなかった撮影会をしてみるとか、ずっと会えていなかったお客様に会うとか。
日本は日本で良いところはいっぱいありますしね。

裸のお仕事かもしれないですけど……。最初はAVをやって、有名になって、いつかは自分の何かをやって、かっこよく生きられたらいいな」って自分がデビューしたときから思ったんです。18歳の時からの夢なんです。

たぶんですけど、その夢は叶えられているので感無量です。

ーーとても素敵ですね! セクシー女優時代からセカンドキャリアを考えていたようですが、元々ラウンジをやろうと思ったのでしょうか?

小澤 自分のお店が欲しいとAV出演当時からインタビューで言っていましたが、元々はAVを引退したら、裏方になりたいと思っていたんです。自分がここまで有名になれたのは、AVを作る現場の裏方さんがいてこそだから。事務所への感謝も込めて、自分もAV作品の卵を抱えてみたいと。でも、当時のマネージャーさんに「絶対に無理。性格的に無理だからやめた方がいい」と言われて……(笑)。それで飲食がやりたい、店がやりたいと言うようになったんです。

「家賃20万円って少なくない?」から「寝るだけの家」へ 狂った感覚の取り戻し方

ーーマネージャーさんの言葉がキッカケだったんですね。とはいえセクシー女優になった際、お金と知名度が手に入って、感覚が変わってしまうことはなかったのでしょうか?

小澤 もちろん、私も溺れたことはありましたよ。お金にも、人気にも。でも、溺れて這い上がったんです(笑)。

デビュー直後はお金がなかったですけど、この業界は裸の業界だから何も隠せない。顔と体で勝負しないといけないから、体型の維持に加えて、髪やネイルも手入れしないといけない。カップ麺を食べて、100均で生活用品を買うような生活でしたが、その反面では美容にお金をかけていました。当時のハングリー精神は半端じゃなかったです。

そこから有名になるにつれて、10代でいきなり3ケタのお金が入ってくるんですよ? 街を歩けば「小澤マリアだ!」ってチヤホヤされるし。誰でも勘違いしてしますよね……。

数年、勘違いしてました。でも、人間関係でもお金でも「ん?」と疑問に思うことが何度かあって。

グアムにも良く行っていたし、家賃20万円って少なくない? って思ったり、金銭感覚がアホになっていたんです。でも、私はとても人に恵まれていて、当時のマネージャーに「そんなことを続けていたら、事務所もクビになるし、お金で苦労する。今は稼げていても、いつかはできなくなる」と言われました。

そのあとはマネージャーの言うとおり貯金額がゼロになったときもありました。「あれ? お金どこ行った?」となったときに初めて”これじゃダメだ”と気づいたんです。

それからは家賃もガッと下げて、寝るだけの家に引っ越しました。今の日本の家もそうです。引退後の夢もあったので、お金を貯めました。

「小澤マリアはタワマンだよね」と今でも言われますけど、「コロナで帰国して、タワマンに住んでるわけないじゃん! これでタワマンに住んでたら、一回、私をビンタして!」って言ってます(笑)。自分を良く見せようと思うことはないですね。余計な苦労はしたくない(笑)。

それに今の私を受け入れてくれる人と一緒にいたいので、良く見せる必要はないと思ってます。

ーー自分を偽らないことが気持ち良く生きられる秘訣かもしれませんね。小澤さんの笑顔も素敵です……! 今後、人類がコロナをコンロトールした暁の10年後、20年後、小澤さんはどのように過ごしている予定ですか?

小澤 フィリピンにいると思います。

そして、フィリピンの仕事がうまく行ったら、他の国にも行くと思います。今、目を付けているのがタイ! 今タイに住んでいるんでいる知人が、大使館に強いコネクションを持っているんです。

その人と出会ったのは10代の時です。連絡を取り合わない時期もありましたが、私は一度出会ったら、関係性を切らないんです。よっぽど裏切られない限り、電話番号を消さないですし、自分も変えないです。タイの方は真面目で魅力的なんですよね。女の子も真面目な上に可愛いので、日本人の会員制ラウンジをやりたいなと目を付けてます(笑)。

慎重だが、大胆でもある人物ゆえ、おそらくフィリピン以外の国も視野に捉えているのだろうと思っていたが、予想通りの返事が帰ってきた。新たな地で、新たな文化に手を焼きながらも楽しげに仕事に取り組む姿が目に見える。1日も早く、彼女が自由に飛び回ることのできる世界になることを願っている。